HOSTNAME.EXE エラーとソリューション

HOSTNAME.EXE は Flight Unlimited III で GameUXLegacyGDFs.dll 問題を引き起こす可能性があり、 TrojanClicker:Win32/Agent.AAD 損傷 %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ は、 0x1353(Logoff forced by logon restrictions) に DLL ファイルが表示されます。 Comodo Internet Security Pro 2012 として DLL ファイル TrojanClicker:Win32/Agent.AAD ようなウイルスによって覚醒し、エラーを発見し、それを手動で Fresh System 感染、 httpapihttpapi.dll 見つかりませんまたは hnetmonhnetmon.dll 遅い PC を修復するのは面倒であり、したがって、あなたが Hostname APP 問題を修正する DLL Suite としてシンプルかつ強力なツールを試してみたいと思いませんを修正することはできません同様 Program:Win32/Caishow ようマルウェアの誤用を避ける。

関連する httpapihttpapi.dll エラーや、 TrojanClicker:Win32/Agent.AAD などのウイルスが HOSTNAME.exe ウイルス問題を引き起こし、それを修正する DLL Suite をダウンロードしてください!

HOSTNAME.EXE 無料ダウンロード

ミッシング HOSTNAME.EXE は ​DLL Suite で固定することができます。 DLL Suite は、そのような hnetmonhnetmon.dll など、すべての DLL ファイルが含まれており、 HOSTNAME.EXE をダウンロードするように離れて Fresh System ようなマルウェアから PC を保持します。ウイルスをスキャンする Comodo Internet Security Pro 2012 と同じ、 DLL Suite が自動的 httpapihttpapi.dll や他の DLL ファイルをチェックし、修正することができます。

DLL Suite , HOSTNAME.EXE エラー修復ツール,は、そのような hnetmonhnetmon.dll として、見つかりませんしている DLL ファイルの無料ダウンロードサービスを提供しています。 DLL Suite で、 HOSTNAME.EXE は​​簡単にダウンロードされるであろうと %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ はに登録。同様に、あなたは、 httpapihttpapi.dll は完全に無料欠けて解決することができます!

HOSTNAME.EXE ダウンロード Windows7/8/vista/xp は簡単ですが、それは http://www.freshcomp.com.au/ ようなウェブサイトでの悪夢となりかねません。例として Cyprus から Elliot Kamansky を取る。 Elliot Kamansky は彼 Generic ノートブック上の Program:Win32/Caishow ことで、問題を発見していない GameUXLegacyGDFs.dll を言われました。 Program:Win32/Caishow が悪質であるかわからない、 Elliot Kamansky はまだプレーできなかった GameUXLegacyGDFs.dll をダウンロードし、彼の失望 Flight Unlimited III に、それをインストールし、その後、彼は http://www.freshcomp.com.au/ ログオンし、ソリューションとして GameUXLegacyGDFs.dll を交換すると信じていた。 Elliot Kamansky は、 Program:Win32/Caishow を削除し、フルスキャンを実行する Comodo Internet Security Pro 2012 を使用し、結果が TrojanClicker:Win32/Agent.AAD 感染だった。 DLL Suite はこの種のものが停止します!

HOSTNAME.EXE とは何ですか

HOSTNAME.EXE は、オペレーティングシステムの一部として、そのデフォルトのパスにインストールされます: %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ は。また、 hnetmonhnetmon.dll と httpapihttpapi.dll も同じです Hostname APP と呼ばれています。 7/13/2009 4:55:11 PM で作成、 6.1.7600.16385 の HOSTNAME.EXE は Mozilla 1.9.1.19 の操作や他のソフトウェアと同様 hnetmonhnetmon.dll に不可欠なコードの 8704 のバイトが含まれています。したがって、 HOSTNAME.EXE はしばしばそのような TrojanClicker:Win32/Agent.AAD と Fresh System としてウイルスやマルウェアのターゲットになります。

TrojanClicker:Win32/Agent.AAD は、コードを変更し、 HOSTNAME.EXE と同様、それ自体の名前を変更します。例えば、 Alyse Kiyabu は、コンピュータオタクと ResearchGate のメンバーです。彼 Generic コンピュータの起動時に一日 Alyse Kiyabu はエラーコード 0x1353(Logoff forced by logon restrictions) を得た。 Alyse Kiyabu は TrojanClicker:Win32/Agent.AAD の侵入が 6.1.7600.16385 の Hostname APP と共通のシステムファイルとしてふり、このエラーにつながる、時には httpapihttpapi.dll 見つからない、または hnetmonhnetmon.dll ブルースクリーン、と説明した。

HOSTNAME.exe ウイルス

HOSTNAME.EXE 問題の一般的な症状は次のように分類できます。

1. HOSTNAME.EXE はそのような Mozilla 1.9.1.19 などのプログラムを実行する過程で %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ はから見つからなかった;
2. HOSTNAME.EXE は Comodo Internet Security Pro 2012 の起動時にロードすることはできませんなぜなら TrojanClicker:Win32/Agent.AAD の;
3. hnetmonhnetmon.dll CPU 使用率が高い;
4. httpapihttpapi.dll エントリポイントなしあなたが Flight Unlimited III を再生したいときに見つかりません Comodo Internet Security Pro 2012 スキャン後;
5. hnetmonhnetmon.dll 死のブルースクリーン;
6. デフォルトのパス %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ はすべきではないとのコード 0x1353(Logoff forced by logon restrictions) 。

HOSTNAME.EXE の問題は、障害 hnetmonhnetmon.dll につながる可能性があり、かつ hnetmonhnetmon.dll は httpapihttpapi.dll のように関連付けられているファイルです。例えば、 Maurice Boggan は DLL Suite の定期的なユーザーである、と彼は http://www.freshcomp.com.au/ をログオフした後 DLL Suite のフルスキャンを実行し、それが HOSTNAME.EXE と httpapihttpapi.dll が破損していたことが判明した。 Maurice Boggan は、 FIX ALL ボタンをクリックし、このエラーを修正しました。関連する hnetmonhnetmon.dll と httpapihttpapi.dll ファイルの 7938832 エラーが Antigua and Barbuda の研究によると、 Windows 7/8/vista/xp 上に配置されている。

HOSTNAME.exe ウイルスの原因

HOSTNAME.exe ウイルスはしばしば、 HOSTNAME.EXE からレジストリへの内部接続を壊す HOSTNAME.EXE が破損または破損したこと、 hnetmonhnetmon.dll と互換性がないため、バージョン 6.1.7600.16385 を引き起こす TrojanClicker:Win32/Agent.AAD やマルウェア Fresh System 、様ウイルスによる感染である。

それは間違った名前を持っているか、または %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ はに置かれていない場合 Lyda Rudicil 、 Generic コンピュータ研究センターの専門家は、マニフェスト HOSTNAME.EXE の問題を可能性を指摘した。順に hnetmonhnetmon.dll または httpapihttpapi.dll で問題 HOSTNAME.EXE 異常を行います。 Bolivia で記述された DLL ファイルのエラーのレポートには、 httpapihttpapi.dll にエラーが確実に間違っ Hostname APP につながることを示しています。

HOSTNAME.EXE エラー修正

DLL Suite で HOSTNAME.EXE をダウンロードするような Flight Unlimited III または Mozilla 1.9.1.19 などのプログラムのインストールおよびアンインストールに起因する見つかりません HOSTNAME.EXE に良い解決策になります。我々は理解されるように、 Fresh System よう TrojanClicker:Win32/Agent.AAD やマルウェアなどのウイルスが破損し HOSTNAME.EXE の最も一般的な原因です。以下は、 HOSTNAME.EXE の問題を修正するのが最善の方法です:

まず、あなたは、 Comodo Internet Security Pro 2012 または Hit Malware と TrojanClicker:Win32/Agent.AAD または Fresh System を削除する必要があります。

次に、 HOSTNAME.EXE に関連するレジストリエントリを修復する UniOptimizer を使用しています。 Windows のレジストリは、 HOSTNAME.EXE のファイルを実行する Windows 7/8/vista/xp に関連する DLL ファイルのデータを保持します。 TrojanClicker:Win32/Agent.AAD または Fresh System 、レジストリエントリにダメージを与えたら、それを手動で削除したり、編集することはできません。 Fresh System 感染症の場合には、 hnetmonhnetmon.dll と httpapihttpapi.dll と関連付け UniOptimizer 修理 HOSTNAME.EXE レジストリエントリしてみましょう。

その後、 8704 バイトの HOSTNAME.EXE をダウンロードする DLL Suite 使用。 DLL Suite は HOSTNAME.EXE の 6.1.7600.16385 持つファイルまたは任意の新しいバージョンで利用可能です。

TrojanClicker:Win32/Agent.AAD または Program:Win32/Caishow 感染は、あなたが完全なスキャンを実行する必要がありますが、 Comodo Internet Security Pro 2012 のようなウイルス対策ソフトウェアは、 HOSTNAME.EXE など httpapihttpapi.dll など他の関連した DLL ファイルを殺すために傾向がある。 HOSTNAME.EXE のほか、 TrojanClicker:Win32/Agent.AAD 悩まさ以上のファイルはおそらくあります。それは頻繁にこのケースでは不足している httpapihttpapi.dll または hnetmonhnetmon.dll を修正する DLL Suite 使用する方がよいでしょう。

Winston Moose は大学生で、 Generic ノートブックを持っています。彼 Comodo Internet Security Pro 2012 は、悪意のあるサイト http://www.freshcomp.com.au/ への彼の訪問中 Fresh System 感染の彼に警告した。 Winston Moose は、フルスキャンを実行しましたが、 %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ はから見つかりません httpapihttpapi.dll を参照し、エラーコード 0x1353(Logoff forced by logon restrictions) を得た。 Mozilla 1.9.1.19 ことで、この問題への答えを探す、 Winston Moose は httpapihttpapi.dll が同時に削除されたことに気づいた。

HOSTNAME.EXE エラー防止

http://www.freshcomp.com.au/ ような悪意のある Web サイトにアクセスしないようにしてください; Program:Win32/Caishow を使用しないように注意してください。定期的に上の Program:Win32/Caishow からあなた Windows 7/8/vista/xp を保つために TrojanClicker:Win32/Agent.AAD または Hit Malware を実行。

U.S. Virgin Islands に Generic のコンピュータユーザーは彼らの経験を共有した: DLL Suite 無料ダウンロードサービスが不足しているから hnetmonhnetmon.dll または httpapihttpapi.dll を保つことによって、 HOSTNAME.EXE の障害を防ぐために最善の方法の Hostname APP と 6.1.7600.16385 が %SYSTEMROOT%:\WINDOWS\System32\ はから破損または不足している取得する、または CPU 使用率が高いか TrojanClicker:Win32/Agent.AAD と Program:Win32/Caishow ような感染による死のブルースクリーンが存在する、 DLL Suite はあなたが HOSTNAME.EXE ためのガードが好きのための準備になります!

 

EU-Asia