日銀Abenomicsリフト経済として楽観を通知する

理事会は、それが2016年3月に終了する事業年度で1.9%に到達する加速コア消費者物価を見て月に半年間の審査で行われた経済見通しに大きな変更を加えることはほとんどありません。
その投影は、しかし、はるかに野心的な1%の周りの民間予測もあり、記号多くのアナリストは、デフレの15年からの迅速な出口が存在することができます疑う。
“民間エコノミストと比較して、日銀の見解はやや強気に見えますが、機械受注は、中央銀行に、その経済見通しにもっと自信を与えるだろう”と宏宮崎、三菱UFGモルガン·スタンレー証券のシニアエコノミストは述べています。
また、企業は、設備投資の先行指標をコア機械受注を示すデータで、もっと自信を持って現れる月に大きめの予想より10.5%の増加となりました。
彼らは2日間の会議で、見通しへのリスクを精査として日銀の9理事会メンバーは、月に輸出が予想外の下落によって強調主要な貿易パートナー中国の懸念を議論することが期待されています。
しかし、日銀はまだ日本が達成して合図する第七ヶ月連続で世界第三位の経済大国のその評価を上方修正する可能性がある、または、回復を達成するために近く、銀行の考え方に詳しい情報筋は述べています。
日銀は、おそらくそれは、その経済的、価格予測をオーバーホールする際、アナリストは言う。、少なくとも10月末までの追加金融刺激策にオフに保持されますことを示唆して
“日本は今、最も急成長しているG7経済である。本当に多くの日銀が経済成長の面で気になる存在ではない、”恭平森田、バークレイズ·キャピタルのチーフ日本エコノミストは述べています。
日銀は、広くその目標を満たすために60000000000000〜70000000000000円(6000億ドル – 7000億ドル)の年間ペースで、銀行とベースマネーを増やすか、現金及び預金するという公約を維持することによって金融政策を安定に保つことが期待され2年間で2%にインフレを持ち上げる。
月に解き放たれ、Abenomicsとして知られる安倍のリフレ政策は、株式ラリーや円の下落に勢いが追加されたことを異常な刺激、。
野心的な目標
金融市場は最近、米国の連邦準備制度理事会は、すぐに月として850億ドル(562.6億ポンド)月債券購入プログラムを縮小し始めるかもしれないという懸念に売却している。
バーナンキFRB議長は非常に緩和的な政策が当面必要とされるであろうことを明らかにした後にその時間割は疑問に投げ込まれた。
市場のボラティリティは、これまで月期に年率4.1%の成長を昨年末不況から脱し、日本の経済、にはほとんど影響を及ぼしているように見えます。
しかし、消費者の信頼は、世帯が生活、収入、雇用と支出の食欲に自分の見通しを格下げした見せ政府の調査で、6ヶ月ぶりに月に下落した。
火曜日に、国際通貨基金(IMF)は、日銀の刺激、G7の国のために、その最強の予想の裏には、今年2%に日本の成長見通しを引き上げた。
日本銀行は、木曜日に政策が着実に維持し、円安と既に場所での大規模な金融刺激策は中国の経済成長の鈍化からヒットを相殺するのに十分であろうという期待に経済のビューをアップグレードするために設定されています。
複数年の安値に円の下落は輸出をサポートしており、安倍晋三首相のリフレ戦略によって生成された手触り、良い気分が消費者支出をボルスターなど、多くの中央銀行当局者は、経済の明るい兆しに勇気づけられて。

EU-Asia