我々はシリコンバレーからのものである私たちを信頼し

さて、一番上のシリコンバレー企業のいくつかは、彼らは、ブロック上で最も透明なインターネット企業であることを示すために一歩先んじることのゲームに従事している。
プリズムと呼ばれる分類米国のインテリジェンス·システムの一部として、 “直接アクセス”に関する最初のレポートは、間違ったことが判明しました。しかし、プリズムレポートは米国最大のハイテク企業は、ユーザデータの彼らの広大なtrovesを扱う方法についての長年のプライバシーの懸念を強調している。電子メール、ビデオ、オンラインチャットを含む – – インターネットの巨人は、NSAがデータを検討するプリズムを使用していることを報告後に精査の下に来ている、それは外国諜報監視法(FISA)の下で行われた要求、で論争の法律のうちの1つを介して収集し、現在のNSA-スヌーピング騒動の中心。
驚くほど似て法的言語で – – 内部告発エドワードスノーデン、アップル、グーグル、FacebookやYahooがガーディアンとワシントン·ポストすべて発行文に供給したプリズム漏れ、続いて彼らはNSAが “直接”または自由に与えることを否定彼らのコンピュータサーバーにアクセスできます。
しかし、企業は明らかにそれらの否定よりもさらに行く必要性を感じ、最近では透明性へのコミットメントを実証するために競争に従事している。
我々は、受信数と、その範囲の両面で – それは “FISAの開示を含む国家安全保障を要求する、の集計数値を公開する許可を米国の検事総長エリックホルダーとFBI長官ロバート·ミュラーを尋ねられたとき、Googleは先週、透明度の戦いをキックオフ。 ”
それは、Googleもそれは国家安全保障FISA要求を受け取ることを認めたのは初めてだったので、その要求が注目だった。 FacebookやMicrosoftはすぐに同様の要求に追随。法務省のスポークスマンの部門は代理店が要求を検討中であることをTIMEに語った。
その後、週末には、Googleとは異なり、透明性報告書を公表したことはないFacebookは、それが米国の情報要求に関するデータを開示することができるように政府との合意に達した。 Facebookは2012年12月31日に終了する6ヶ月間、それは18,000と19,000の口座間でカバーする犯罪者と国家安全保障関連の要求を含め、9,0​​00〜10,000のデータ要求を受信したことを。述べ
“我々は我々の議論の結果として、我々は今、透明性報告書に含めることができることを喜んでしているすべての米国の国家安全保障関連の要求(FISAと同様に国家安全保障の手紙を含む) – 今までは会社が行うことが許可されていません、 “Facebookの顧問テッドUllyotは、同社のライバルではそれほど微妙なDIGの中で述べている。
その後まもなく、Microsoftは、同社が31,000と32,000消費者の口座間に影響を与える6,000間7,000犯罪と国家安全保障の要求を受け取ったことを示し、同様のデータを発表した。
ヤフーは、受信と言って、後期月曜日続く “刑事、外国諜報監視法(FISA)、および他の要求を含む、12,000の間と13,000リクエストを。”
MORE:Googleが10億ドルWaze、赤熱モバイルトラフィックのアプリを買っている理由はここにある
ここで問題です。フェイスブック、マイクロソフト、アップルとヤフーは政府との合意によると、企業が唯一の米国の総データ要求の合計数を解放するために許された。彼らは50 FISA要求、500を受け取った場合決定的に、それらは別々にFISA要求の数を抜け出すことを許されていなかった。 “これは、Microsoftのグローバルな顧客基盤のほんの一部に影響を与える、”ジョン·フランクは、このような理由から、我々は知らないまたは5,000。結果として、開示、秘密米国の国家安全保障の調査で企業の参加の性質と程度であるNSA-スヌーピング論争の中心的な問題を回避しながら称賛に値する、スカート。
Microsoftの副法務顧問は、ブログ投稿で述べている。 “透明性だけでは国民の信頼を回復するのに十分ではないかもしれないが、それは開始するのに最適な場所です。”
月曜日に、Appleはパーティーに参加し、2012年12月1日から2013年5月31日に、それは両方の犯罪者を含めて、9,000〜10,000アカウントやデバイスに関連した顧客データのための米国の法執行機関から4,000の間に5,000のリクエストを受信したことを発表しました調査と国家安全保障 “事項。”アップルは、それがデータをリリースしました言った、 “透明性の利益のために”。
“我々は、企業がFISA要求に対して具体的な数字を抜け出すために許されるべきだと考え、”アミエStepanovich、電子プライバシー情報センター、ワシントンベースの公益組織の国内サーベイランスプロジェクトのディレクター言った。 “これらの数字は、全国的に透明性を提供するでしょう。また、FISAの下で目標と個々のユーザーが彼らも事実の後に、監視の対象となった旨の通知を受けるべきであると信じているので、彼らは法廷でサーベイランスを争う機会を持っている。”
アメリカ最大のインターネット企業は、米国政府の論争のデータ収集プログラムにおける役割について大ヒットの開示後に彼らの一般的なイメージを強化するために自分自身につまずくされています。
includingApple、グーグルは、FacebookやYahoo – – 報道が主要なハイテク企業があることを示唆して以来、サーバーへの自由なまたは “直接”アクセス権を持つ国家安全保障局(NSA)を提供し、企業が ‘ことを実証するための積極的なキャンペーンを繰り広げてきた政府の手先ではない再。

EU-Asia