問題になっている日本のAbenomics

安倍政権はすぐに、労働市場をより柔軟に移民を奨励し、オンラインでの原子力発電所を戻すと労働力に多くの日本人女性を描くであろう改革を提案することが期待される。
タイムリーに改革を実施すると利益団体、持続的な公的支援と安倍の政府による巧みな政治工作との緊密な連携が必要になります。
計画 – その建築家、安倍晋三首相の後に吹き替えAbenomicsは – 協調政府支出は、中央銀行の刺激と経済構造改革が含まれています。
アイデアは、世界第三位の経済のために、より堅牢な成長につながる対策が価格を押し上げるとデフレの15年を終了するということです。
プログラムでは、円を弱める助けと劇的にプロセスの屋根を通して日経指数を駆動する、輸出業者の利益を後押ししました。
取引が途切れ途切れになったときに先週までは、それが、である。日経は現在、最近の高いオフ13%であり、劇的な一daydeclinesのシリーズを掲載している。
ボラティリティが、投資家は世界で最も債務国の成長に拍車をかけるに内在落とし穴を回避しながら、政策立案者が彼らのハイワイヤー行為をやってのけることができるかどうかを疑問に思って残している。
ここでは、日本が直面しているものです:
借金
日本は債務問題を持っています。国の公債総額は、財政赤字の年後、2014年までにGDPの230パーセントをヒットすると予測されている。
エコノミストは、日本はハッチングで同じような勢いで福利厚生をカットし、中期的に増税するための計画を、その上昇の債務水準を攻撃するのが賢明であろうと注意してください。
債券価格
動作するAbenomicsためには、債券の価格が高止まりする必要があります。
日銀は現在、購入が長期利回りを低く維持することを期待して、急速なペースで長期借入金を買っている。目標は、投資家が高いリターン、経済成長への投資とその結果を奨励するパターンを他の場所で見ることを奨励することです。
経済協力開発と国際通貨基金(IMF)のための組織は、例えば、主としてAbenomicsに彼らの祝福を与えている。しかし、両方の組織は、日本が債務をコントロールするために迅速に行動しなければならないと主張している。
“公的債務、または消費税の増加の遅れをダウンさせるための具体的な財政措置の欠如は、財政·金融セクターの安定性を損なう国債利回りの上昇のリスクを高める可能性がある”とIMFは昨年発表した報告書で述べた週。
実体経済
日経はAbenomicsの中で最も知名度の高い受益者であって、最近のボラティリティにもかかわらず、最大で30%程度、まだ今年はしています。
まだそれは興奮が、経済のすべての部分に翻訳していることは明らかではありません。小売売上高と他の指標の指標は印象づけるために失敗しているが賃金は、平坦である。
関連ストーリー:Abenomicsは動作していますか?
エコノミストは、インフレ率は来年にかけてで蹴ることを期待する – しかし、価格はまだ日本では永続的なデフレ傾向が続いて、下落している。
関連ストーリー:日経サージで7大きい勝者
しかし、安定性の数ヶ月後に、債券の価格が最近、下落。 10年国債利回りは、月下旬に一年以上で最高レベルの1%をヒット。
一部のエコノミストは、中央銀行が矛盾する目標を追求していると言う。銀行が金利を下げる働きのように、それはまた、インフレ、高いレートをプッシュすべき傾向をジンしようとしている。
未完の仕事
構造改革 – – 実装されていないAbenomics戦略の一つの柱は、長期的には、最も重要になるかもしれない。しかし、議会が協力してもらうことは困難で証明されるかもしれない。
最近では日本の債券と株式市場の劇的な動きが国の野心的な経済回復計画の長期的な生存能力について疑問を提起している。

EU-Asia