中国は経済を後押しする移動

改革を発表では、国務院は、経済が合理的な形をしていたが、それは “成長を安定させる”ことを楽しみにし改革をプッシュする必要があると述べた。
日以前の国務院は今後5年間のすべての新しい政府の建物の建設の禁止を定めていた。禁止は、共産党当​​局によって派手な支出を抑制するために、習近平、中国の社長によってキャンペーンの最新の一歩でした国民の不満の主な原因。
しかし、それはまた、政府が成長が遅くなるように、より生産終了に向けて公的資金を指示しようとしている方法のサインだった。 “我々は、本当に経済の発展と人々の生活改善のための私たちの限られた資金とリソースを使用する必要があり、”国家理事会は述べています。
第三に、それは国が野心的な鉄道開発計画を満たすことができることを保証するために多くの資金調達チャネルを作成すると述べた。さらに民間投資家が参加することが奨励され、新しいボンド製品が発行されます。
“あなたはこのmini-刺激を呼び出すことができますそれは非常に小さいですが、それは供給側にだし、それがより効率的だ”呂ティン、バンクオブアメリカ·メリルリンチのエコノミストは述べ
ポリシーパッケージは中国の深化低迷のさらにより多くの証拠を追った。同国の製造業の事前調査は7月に、水曜日に公表、11カ月ぶりの安値に下落した。
国務院、中国のキャビネットは、それが “市場のエネルギーを喚起する”ことを望んだ後半水曜日に語った。
それは3つのアプローチを発表しました。まず、それは一時的にすべての20元、000(3250ドル)未満の毎月の売上高付加価値や企業のオペレーティング税廃止しています。それは開始時に発効減税を言った八月には、数千万人を採用する以上6メートル企業に役立つだろう
第二に、政府は承認手続きを簡素化し、輸出企業のための管理コストを削減することを約束した。様々な動きの中で、それは一時的に一次産品の輸出のための検査料をキャンセルし、製造品の税関検査を合理化すると述べた。
中国の成長率は、第2四半期におけるセント成長前年比当たり7.5に減速し、ほとんどのアナリストは、それが今年の残りの上のさらなる弱体化を期待しています。しかし、今週初めに李克強、首相は、のための公式の成長目標ことを明らかにした年は7.5パーセントにとどまって、一部のオブザーバーは、政府がそのファンクの経済性を引き出すために介入する準備ができていたという印として読まコメント。
中国は景気減速と、その経済を管理する北京のアプローチの変化を強調している約一指導者の懸念のさらに最強の適応症で、その景気を後押しするための措置を発表した。
“ミニ刺激”、サイズに制限も、成長を下支えする多くの政策の動きを告げることができます。政府は、中小企業の税金をなくす鉄道の建設のための資金増輸出と回線のコストが削減されます。
2008とは異なり、中国は世界的な金融危機をかわすために巨大な刺激策を導入した場合には、代わりに政府の電力を削減し、企業に動作するように多くのスペースを与えるためにターゲットを絞った一連の改革を使用しています。

EU-Asia