香港の住宅戦略を明らかに

報告書によると、今後10年間の住宅戦略は政府が公共および補助住宅の提供に積極的な役割を取った供給主導型のアプローチになります。
これは今日長期住宅戦略運営委員会の第10回会合の議長を務めた後、トランスポート&家庭教授アンソニー·チャン、長官からのメッセージだった。
教授チャンはメンバーが公共と民間住宅の比率が今後数年間で新たな規定のために60/40でなければならないことで合意したと述べた。
委員会は本日、香港ハウジングの主な問題を感じている “供給の下”であるため、政府が借りて公営住宅や住宅購入制度単位だけでなく、住宅協会によって提供補助住宅を含め、公営住宅を提供することにより行う必要があります。
委員会は、政府が住宅供給におけるより積極的な役割を果たすべきだと述べた、とコミュニティは同じものを期待します。
教授チャンは委員会がまだ相談用紙を確定していないと述べたが、それは3ヶ月の公開協議のために9月にそれを起動することを目指しています。
また、筐体にどのように対応するなど、他の問題は、細分単位で暮らし世帯のニーズ、および単一people.They単一のテナントのためのブロックを開発するために公営住宅団地に予備の土地を利用するかどうかを議論し、会議で検討。
教授チャンは、それが適切な土地を特定することができますどのくらいに依存しており、当該団地に影響の可能性でしょうと言って、国民の景色を眺めることができます。
委員会はまた、公営住宅の待ち時間をスピードアップするために、現在のクォータとポイントシステムの調整の可能性を探求しますが、メンバーの優先順位は、家族の申請者に与えられるべきであると感じた。
細分単位の登録やライセンス制度の導入では、教授チャンは非常に予備的な議論は構造安全性、建物令の要件の遵守を含め、そのようなシステムは、これらのユニットの安全を確保することを目的とされていることを追加し、実施されていると述べた、火災安全。
今後10年間の全体的な供給対象で、447000以前の推定はまだ有効であるが、今日、ターゲット上の広範な議論があった。
委員会は、それは調整する必要があるかどうかを決定します。ターゲット、ターゲットに到達するための方法論は、最終的な諮問文書で前方に置かれる、と彼は付け加えた。
– で詳細を参照してください:

EU-Asia